ナースステーション.com

転職失敗を防ぐために、ブラック病院の見抜き方を知る

(あかり)「先輩、企業にはブラック企業とかあるじゃないですか。あれって、病院もブラック病院とかあるんですか?」

(先輩)「聞きなれない言葉だけど、ブラック病院はあるのよ。」

(あかり)「やっぱりあるんですか?!そんな会社には転職したくない・・・転職前に見抜けるんですか?」

(先輩)「そうね、これは知っていないと難しいから、教えておくわね。」

ブラック病院とは?

一般に、ブラック病院とはどのような病院を指すのでしょうか。

  1. 労働時間が長く、毎日何時間もの残業がある
  2. 長時間の残業に対して残業代が払われない
  3. 人間関係が悪く、精神的健康が保てない
  4. 医者や上司からの圧力が高く、怒鳴られる
  5. 患者様本位のケアではなく、ナース本位のケアになっている
  6. 看護師の仕事ではない分野まで仕事を与えられる

このような病院では、自分の仕事のやりがいを見つけるどころか、心身の健康を害してしまう恐れがあります。
どうやってブラック病院を見抜き、そのような病院への転職を避けられるのでしょうか?

ブラック病院に騙されないために

残業時間と残業代

病院で働いている看護師の一番多い悩みはなんといっても『残業』です。
その残業も、月に数時間程度なら良いのですが、日勤では毎日22時や23時、時には0時超えてしまう・・・なんていう病院もあります。また、その残業もしっかり仕事しているのに1円も残業代が払われない!なんてことも。

『過労死ライン』
過労死ラインとは、健康を害するリスクが高まるとする時間外労働(残業)時間のことで、月に80時間、1カ月の出勤(労働日)を20日とすると、1日4時間の時間外労働(残業)が続く状態。

厚生労働省より『脳血管疾患及び虚血性心疾患などの認定基準について』
1、発症前1か月ないし6か月にわたって、1か月あたりおおむね45時間を超える時間外労働が認められない場合は、業務と発症との関連性が弱いが、おおむね45時間を超えて時間外労働が長くなるほど、業務と発症との関連性が徐々に強まると評価できること
2、発症前1か月間におおむね100時間または発症2か月間ないし6か月間にわたって、1か月あたりおおむね80時間を超える時間外労働が認められる場合は、業務と発症との関連性が強いと評価できることを踏まえて判断すること。

残業は、看護師として働いている以上避けられない問題だと思っているかたも多いでしょう。確かに、病院で働いていて残業はつきものかもしれません。ただ、良く探すと残業のまったくない病院からかなりの時間残業しなくてはならない病院まで様々。自分は一日、週、月に何時間までの残業なら健康に楽しく仕事をしていけるのかを考え、担当者と相談しながら、病院の残業問題と付き合っていく必要がありそうです。
また、その残業に対価が払われているのかも担当者に確認が必要です。サービス残業がない病院を選べるようにしっかり情報収集しましょう。

人間関係

『看護師は女の職場だからね。』とても良く聞く言葉です。
女の職場だからとは、どのような職場を指すのでしょうか?

  1. 派閥がある
  2. 権力のある人に逆らうと怖い
  3. 結婚していない師長や主任に、結婚や妊娠の報告がしずらい
  4. 同僚と話や仕事についての価値観が合わず、ストレスを感じるが相談もできない
    1. 職場環境において、自分の心身の健康を保つには人間関係が良好なことはとても大切です。
      自分の信頼できる上司、相談できる先輩や同僚がいてこそ仕事がスムーズにすすみ、こなしていけるのです。

      特に、上司は大切でこの上司にならついていける、尊敬できると思える上司であればほかのスタッフも同じように感じており、まとまりのあるチームになります。チームの雰囲気は看護師の会話や態度、働き方ですぐに見分けられると思いますので、転職サイトの担当者に聞いてもわかりますし自分で見学に行ってもわかるでしょう。

      患者様本位のケア?ナース本位のケア?

      日頃の看護ケアにおいて、重要なのは患者様の個別性を重視したケア。特に病棟では全身清拭や陰部洗浄、入浴介助など患者様個々に合ったケアを進めていくことが大切です。しかし、たまに患者様本位のケアではなく、『ナース本位、ナースのためのケア』になってしまっている病院があります。自分たちスタッフのやりやすいようにケアを進めていくのは大切ですが、自分たち中心にケアをしすぎて患者様に合わないケアになっている、そうなると患者様の個別性は薄れていく。看護師は何のために働いているのかやりがいを感じられなくなることがあります。看護師として働いているからには、しっかり患者様をケアしやりがいのある看護をしたいものです。

      自分のやりたい看護を見つけるためにはしっかり仕事内容を確認する必要があります。担当者に確認するとともに、ここでは患者様のその病院に対する口コミも参考になります。しっかり看護できている病院の口コミはとても良いものなのです。

      今の病院とは比べてはいけない?!

      今働いている病院と比べて、求人先の病院はこんな感じか、これはいいのか?と思うのは、少し危ないです。
      今働いている病院が良いのか悪いのかは、ほかの病院に行ってみないとわからないからです。特に、看護師になって働いたのは今の病院が最初の病院で、ほかの病院や施設では働いたことがないというかたは、ほかの場所に転職したら『前の病院はすごく良い病院だったんだな』か『前の病院ってブラックだったんだ・・・・』などの感想が出てくるでしょう。
      まずは転職サイトの担当者にその求人先がどのような病院・施設なのかを確認してみましょう。

      (あかり)「先輩、私たちの働いている病院って大丈夫なんでしょうか?!心配になってきましたけど、『井の中の蛙大海を知らず』っていいますもんね!」

      (先輩)「そう、 世の中にはいろんな病院や施設があるの。自分の働きたい場所で自分のなりたい看護師になるためには、しっかり情報を知ることが大切よ。担当者にちゃんと相談しましょうね。」

人気の転職先ベスト3

なーすではたらこ

遠方などの理由で見学に行けなくても詳しい内情がわかる転職サイトです。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

看護Roo!

転職のための履歴書の書き方や面接時の対応なども詳しく教えてもらえます。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

看護のお仕事

非公開求人を多く持っており、質の良い求人が多数あります。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

転職活動の流れ

転職活動の流れ