ナースステーション.com

看護師として働き続けたいけれど、残業をしたくない【残業のない職場へ】

(あかり)「先輩、最近友達と会う機会があったんですが、友達の職場では残業が当たり前なんだそうです。定時が17時終わりなのに、残業で帰りが22時とか23時になっちゃうこともあるんですって!」

(先輩)「そうね、残業は誰でもしたくないものよね。看護師の人数は足りていない病院が多いから残業が当たり前ってことになってしまう現状もあるのよね・・・。」

看護師の残業の実態

『2008年の看護師過労死認定を受けて日本看護協会が実施した緊急実態調査では、交代制勤務につく看護職の23人にひとりが、月60時間を超える超過勤務の実態。大阪高裁判決に照らせば、少なくとも病院看護職2万人以上が過労死危険レベルにあると推計される。』
と日本看護協会の調べがあり、とても過酷な残業時間を強いられている看護師が多いという実態が見えます。

図の挿入

しかし、60時間以上の残業をしている看護師がいる一方で、月の残業時間が10時間以下という看護師は全体の34.1%となっており必ずしもみんなが長い時間の残業をしているわけではないのです。

残業の理由

みんなが残業をしている理由は何でしょう?大まかなものを挙げてみましょう

  1. 担当する患者様の急変対応
  2. 看護記録の記入や看護計画の見直し、サマリー記入が終わらない
  3. 委員会の仕事がある
  4. 自分の仕事が終わっても人の仕事を手伝わなければならない
  5. 先輩の仕事が終わるまでなかなか帰りづらい

担当する患者様の急変は仕方がないものですが、毎日急変が起こるとも限りません。そのため、日常的に残業している理由には当てはまらないでしょう。では、なぜ日常的に残業が発生するのか?2~4のものが大体の理由になってくるでしょう。もちろんそのほかにも残業の理由はあると思いますが、大きく分けるとこのような状態です。
自分の仕事が終わらないで残業になってしまうのは、一手不足も関与してくるところでしょう。

ここに上がっている『自分の仕事が終わっていても人の仕事を手伝わなければならない』という部分では、効率が悪くゆっくり仕事をしているような人の仕事をなぜ手伝わなければならないのか?などと感じている人もいることでしょう。通常は仕事が早く、残業をしない人が終わっていない場合は『今日は忙しそうだったもんね、手伝ってあげなきゃ』となるでしょうが、日常から『残業が当たり前でしょ~』などとゆっくり仕事をしている人の仕事を手伝わなくてはいけないのはなかなか腑に落ちません。
また『先輩の仕事が終わるまでなかなか帰りづらい』というのも、その職場の雰囲気がそうさせているため人間関係の問題にもなってきます。

残業をしない選択肢

『残業のない職場で仕事がしたい』・・・それも、立派な転職の理由になります。
自分の時間がほしい、休日に呼び出されたりせずにゆっくり過ごしたい、終電を気にせずに帰れる職場が良い、そんな職場を見つけてみませんか?転職サイトの担当者に『残業のない職場』という希望をしっかり伝えましょう。担当者に相談すると、求人紹介の時点で『この職場の残業時間は○時間と報告があります。』と、病院側から報告を受けている残業時間を教えてくれますが、『サービス残業』という記載されていない残業時間がこのくらいある、という情報まで教えてくれる場合があります。
転職サイトの担当者は内部事情に詳しいため、ほしい情報はしっかり聞いておきましょう。

保育園看護師や企業看護師などは残業が少なく、9時~17時の終業時間であることが多いです。また、一般病院や施設などでも残業のない職場はありますので、転職サイトの担当者に確認しましょう。

自分の時間を持ち、休日はゆっくり休む、疲労を回復し医療事故を予防するためにも大切なことです。現在残業時間が多く心と時間に余裕がなくなっている人は、残業のない職場への転職を考えてみましょう。

(あかり)「月の残業時間が60時間を超える?!辛すぎます・・・。仕事のために生きてるって感じしかしないですよね・・・。」

(先輩)「そうね、これはちょっと仕事が嫌いになってしまうわよね。残業が多いことは離職理由に多いし、しっかり自分の時間を持つためにも転職を考える必要はあるわよね。」

人気の転職先ベスト3

なーすではたらこ

遠方などの理由で見学に行けなくても詳しい内情がわかる転職サイトです。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

看護Roo!

転職のための履歴書の書き方や面接時の対応なども詳しく教えてもらえます。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

転職活動の流れ

転職活動の流れ