ナースステーション.com

助産師へのキャリアアップを目指す

(あかり)「先輩、友達に赤ちゃんが生まれたんです!!面会に行ったら可愛くて・・・!助産師さんがたくさんいて、みんなすごく慣れた手つきで赤ちゃんのお世話をしていて、かっこよかったですー!!」

(先輩)「助産師も大変だけれど人気のある職種よね。」

助産師とは

助産師とは妊娠や出産に関わる助産行為を行う女子を言い、女性の妊娠・出産・産褥の各時期において必要な監督・ケア・助言したり、自分自身の責任において分娩介助をし、新生児及び乳児のケアを行うことができます。

助産師国家試験を受けるためには、①3年制の看護専門学校か短大の看護学科などを卒業し、看護師の資格を取得後、助産師養成所に1年間通って卒業し、助産師国家試験の受験資格を得る②助産師養成課程がある大学の看護学科・看護学専攻(4年制)に進む③大学卒業後に大学院などに進んで助産師の受験資格を得るなどのルートがあります。

助産師の仕事

妊婦、じょく婦(出産を終えたばかりの女性)、新生児の保健指導を行うこととされており、新生児のお世話のみにとどまりません。妊婦の健康管理、妊娠中の食事、運動などの生活指導、分娩、そして出産後も、じょく婦の体調管理、母乳指導、乳児指導と、妊娠から出産、育児に至るまでの「人の誕生」に関わる一連の流れを管理、指導します。
また、助産師の資格を得ることができるのは女子のみとされ、そこには妊婦や褥婦に深く関わり寄り添い、医学的知識を持った助言をすることができる職として、女性の特権を活かした職業といえます。

助産師として命の生まれる現場に立ち会えるという喜びはこの上ないもので、その人の人生の忘れられない一瞬に一緒に喜ぶことができるというのは、とても誇れる仕事です。

助産師の働く場

大学病院、総合病院の産婦人科や診療所、助産院、地域の保健センターでの勤務が主となります。

また、助産師は個人で『助産院』を開業することができます。また、妊娠過程で異常があった場合すぐに対処できるよう医師のいる産婦人科を紹介することも助産師の大切な仕事です。

(あかり)「本当に、その人の忘れられない一瞬に立ち会って、大切な赤ちゃんを取り上げる喜びって素敵ですね!!」

(先輩)「妊娠中の経過も、お産の過程も一人一人違うものよ、一人一人のお母さんたちに安心して妊娠・出産をしてもらって、そして不安なく子育てをしていけるように支えていかなくてはならないから、大変よ。ただ、それができるからこそ、お母さんや赤ちゃんの笑顔を見たときの喜び・この仕事をしていてよかったという気持ちは強いでしょうね。」

人気の転職先ベスト3

なーすではたらこ

遠方などの理由で見学に行けなくても詳しい内情がわかる転職サイトです。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

看護Roo!

転職のための履歴書の書き方や面接時の対応なども詳しく教えてもらえます。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

転職活動の流れ

転職活動の流れ