ナースステーション.com

退職意思の伝え方【他のみんなはどうしてるの?】

(あかり)「先輩、転職するってことは退職をしたいって伝えなきゃいけないですよね?どうやって退職したいって伝えたらいいんですか?!」

(先輩)「そうね、転職するには退職しないといけないわよね。上司への退職の伝え方・・・みんな一番迷うところなのよね。」

円満退職するための退職意思の伝え方

退職の意思を伝えてから退職まで、最低でも1か月はあると思います。その退職までの日を楽しく今まで通りに仕事をしたいのであれば退職の伝え方がとても大切になってきます。ほかのみんなはどうやって退職意思を伝えているのでしょうか?

ケース1:退職理由は前向きな理由を!

「私は、退職理由は人間関係に嫌気がさしたからというのが一番の理由でした。上司からの嫌がらせや同僚同士の仲たがいが多く毎日の仕事が楽しくできなかったのです。でも、退職理由にそんなことを伝えれば退職までの期間にさらに嫌がらせを受けることになったり、最悪の場合は退職を止められてしまうと思ったので、理由は『スキルアップしたい』ということにしました。ほかの病院で自分のスキルアップを図りたいと伝えたら、上司も渋々ですが納得してくれ、応援の言葉までもらいました。また、同僚や仲の良い子にも退職理由はスキルアップのためということを貫きました。どこから漏れるかわかりませんからね。」

ケース2:引き留めにも屈さない!日付を決める!

「私の職場では、退職したいと伝えると絶対に引き留めに合うということを聞いていました。なんやかんやと理由を付けて退職を止めたり、伸ばしてくるよ、と友達に聞いていたので、そこは絶対に折れないようにしようと決めました。そのためにも、『○月○日に引っ越しをするので、それまでには辞めます』と期限を決めて伝えたら、わかってくれました!強い心は大切ですね!」

ケース3:時には嘘も大切!

「自分の人生を無駄にしたくない!この病院で働いていたら私の看護師人生がダメになる!と思い、意を決して師長に退職を伝えることにしました。そこでうちの師長は、どんな理由を伝えても絶対に引き止めてくると知っていたので、『実家に帰ってくるようにと母にいわれたので、戻ろうと思います』と伝えました。実際は戻るつもりもなく、別の病院への転職を決めていたのですが、引っ越してしまえばもう会わないし、もし会ってしまっても知らない人のようなフリをするか、何か理由を考えれば良いと思いました(笑)自分の人生をこの師長に決められてたまるか!っていう精神で頑張りました!」

こんな伝え方は避けた方が良い

ケース1:電話やメール

「私の上司は師長と仲が良かったみたいですが、退職意思をメールで伝えていました。それに対して師長は怒ってしまい、私たちスタッフにまで被害が・・・」

いくら師長と仲が良くても、退職意思は直接伝えるのがマナーです。自分の退職意思をしっかり口頭で伝えましょう。また、忙しい時間は避け、休憩中や仕事終わりに『師長、少しお時間良いでしょうか?』などとお伺いをたてましょう。

ケース2:師長を飛ばして看護部長へ

「同僚は、ある日突然来なくなりました。師長も理由はわからず、無断欠勤なんて大丈夫かしら?何かあったのかしら?と心配までしていました。しかしお昼ごろに看護部長が師長に事情を話したようで、辞めた同僚は看護部長に退職意思を伝え、辞めていったのでした。『いくら師長が嫌いでも、直属の上司を飛ばすのはおかしいよね』と、その人はスタッフの間で非常識な人のレッテルが貼られました・・・。」

退職意思を伝えるのは、まずは直属の上司です。飛ばしていきなり看護部長へ伝えてしまうのは非常識なので、いくら師長とのトラブルを抱えていても、まずは師長へ伝えましょう。

(あかり)「みんなちゃんと自分の職場の状況を考えて意思を伝えてるんですね!自分も転職する際には参考にさせてもらいます!」

(先輩)「そう、転職するまでの間、今まで通り働きたいのなら、円満退職できるようにしっかり伝えることが大切なのよ。」

人気の転職先ベスト3

なーすではたらこ

遠方などの理由で見学に行けなくても詳しい内情がわかる転職サイトです。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

看護Roo!

転職のための履歴書の書き方や面接時の対応なども詳しく教えてもらえます。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

転職活動の流れ

転職活動の流れ