ナースステーション.com

自己PRで自分を大きく評価してもらう【看護師の面接時の自己PRポイント】

(あかり)「転職っていったら、就職試験で面接がありますよね。面接で自己PRって絶対聞かれるじゃないですか?あれって、何を言えばいいのかわかりません・・・。」

(先輩)「そうね、自己PRは何を言えば良いのか迷う人はたくさんいるわ。でも、自己PRって他の質問以上に大切よ。面接官は、自己PRでその人の個性や特性を知ることができるから、ちゃんと自己アピールすることが大事ね。」

自己PRは準備万端に!大切な4つのポイント

面接の自己PRでは、自分が今までしてきたことやそれらをどうやって今後に生かせるのか、応募先の病院で自分がどう役に立つのかをPRすることが大切です。面接官は、この人はこの病院に合っているか、働いてもらいたい価値があるのかを判断しています。

今までの成功体験

自分が今までの職場で、成し遂げたこと・嬉しかったこと・成功したこと・充実していたことなどを振り返って考えましょう。患者様についての成功体験だけでなく、看護研究がうまくいった・チームワークの改善に成功した・委員会ではこんな活動をしていて充実していたなど、スタッフ間や仕事面のことも含みます。成功体験を振り返ることで、自分が前の職場で小さなことでもどんな功績を残してきたのか、相手に伝えることができます。また、それが自信となりさらに仕事への向上心が生まれます。

成功の理由

今までの成功体験のうち、もっとも印象に残っているものについてなぜ成功したのかを考えてみましょう。考えることで、自分の気持ちや患者様・スタッフなど周りのことも見えてきます。自分が成功するためにした考え・行動や工夫は、『スキル』となっています。これを再度考えることで身につき、また同じような問題に当たった場合に楽に乗り越えることができるようになるものです。面接官は、そのような問題対処能力について知りたいと思っています。

成功からの学び

成功したことから、何を学んだのかを考えましょう。また、その学びは次に生かせるのか・生かしているのかそれを伝えます。『患者様とのかかわりから、○○を学んだので常に心がけて仕事に取り組んでいます。』『看護研究でチームワークの大切さについて良く分かり、研究後はチーム一丸となって看護ケアにあたることで患者様の笑顔やプラスストロークが増え、看護師に対する信頼が高まったように思います。』など、具体的にどんなことを学んで、その学びをどう取り入れたのか、さらにはその学びを取り入れたことでどんなことが変わったのかまで伝えることができれば、面接官もイメージしやすくなります。

転職先でどう活かすのか

成功体験で学んだことは、あなたの仕事に対する考え方・スタンスです。この考え方・スタンスを、応募先の病院でも活かせるのか?それが面接官が知りたいことです。『○○だった体験から、○○はとても大切だと考えるようになりました。この病院では、私の考える○○を患者様のケアに活かしながら仕事に取り組んでいきたいです。』など、具体的に取り込んだ意見を伝えましょう。わかりやすく伝えることが大切です。

成功体験から学んだことは自分で振り返ることで、大切な経験・糧となります。学んだことは次に活かせるように、忘れないように振り返っておきましょう。また、学んだことは整理して人に伝えることが大切です。人にうまく伝えられてこそ、自分のものとなります。

(あかり)「なるほど!成功したことから自分の学びを見つけてそれを活かす!看護の場において大切なことですね!いろんな出来事をしっかり振り返って、考えてみます!」

(先輩)「そう、実際に起こった出来事は、どうしてこの結果になったのかっていうのを考えるのが大切よ。成功体験だけでなくても、失敗体験でもいいわ。もちろん失敗よりは成功体験の方が相手には好印象を与えるけれど、失敗から学ぶことも多々あるものよ。小さな失敗からも学べることはたくさんあるから、しっかり振り返って考えてみましょうね。

人気の転職先ベスト3

なーすではたらこ

遠方などの理由で見学に行けなくても詳しい内情がわかる転職サイトです。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

看護Roo!

転職のための履歴書の書き方や面接時の対応なども詳しく教えてもらえます。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

転職活動の流れ

転職活動の流れ