ナースステーション.com

准看護師から専門学校の補修を受け、正看護師で転職成功した体験談

24歳の時に転職活動をしました。

転職しようと思ったキッカケを教えてください

学校卒業後、国家試験を合格できずに、准看護婦として就職しました。就職自体は、高校が推薦指定学校であったので、何とかできましたが、職場では同級生や先輩や同じ高校の顔見知りがたくさんいました。

同じ高校だったのに正看護婦になれなかった私は、准看護婦として経験をつみ、再度の試験挑戦を目標に頑張っていたり、このまま准看でいいかと甘えが出たりのどっちつかずの状態でした。

でも、自宅の近所に新しい病院ができると聞き、大きなチャンスのように思えました。このまま今の職場にいても、周りのつかいぱっしり状態だし、年下なのに正看護婦もどんどん入ってくるしと思い転職を決意しました。

その後、専門学校の補修を受け、国家試験に合格をし、合格を機に、新しい病院で、正看護婦としての仕事をスタートしました。

どのような流れで転職しましたか?

転職をするには、とにかく正看護婦を資格をとってからと決めていました。いったん退職をして勉強に集中するのか、仕事をつづけながら勉強をするのか悩み、専門学校の担任に相談にゆきました。

退職してしまうと、不合格だった場合の行き先がなくなり、再就職も難しいと言われ、仕事をつづけながらの勉強の方法をえらびました。新しい病院は、自宅の近くにあり、建設中から看板もあったので、募集はしっていました。

近所なので、院長や方針についてもまわりの評判を聞くことができたのでよかったです。求人が看板に張り出されすぐに連絡をし、現状を伝え、今後合格しだい就職をしたいと伝えました。

地元なので、多少融通が利く部分もあり、合格しだいの採用で内定が決まりましたので、合格後すぐに退職、就職の運びとなりました。

転職して良かったことを教えてください

今までは、とにかく雑用だったので、看護婦としての仕事ができることがなにより嬉しかったです。それに、今までは気付いたことがあっても、口に出したり意見を言うこともできませんでしたが、今はそれもなくなりました。

准看護婦のことは、学校の勉強の何もかもが無駄に思えるような仕事内容でしたが、正看護婦になり、担当の患者さんを持つことができ、やっと今、看護婦として仕事をしていると堂々といえるように思います。

転職しようとしている人へアドバイス

病院によって、方針や雰囲気がまるで違うので、できれば先輩や知人を通じて、内容を聞いておくことをお奨めします。その上で、自分に合うのかどうかをよく検討することをお奨めします。

人気の転職先ベスト3

なーすではたらこ

遠方などの理由で見学に行けなくても詳しい内情がわかる転職サイトです。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

看護Roo!

転職のための履歴書の書き方や面接時の対応なども詳しく教えてもらえます。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

看護のお仕事

非公開求人を多く持っており、質の良い求人が多数あります。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

転職活動の流れ

転職活動の流れ