ナースステーション.com

回復期、リハビリテーション病院で働く看護師の働き方

(あかり)「一般病院とはまたちがった回復期、リハビリテーション病院ってどんな感じなんですかね??全く想像がつきません・・・」

(先輩)「そうね、回復期やリハビリテーション病院では特に必要になってくるのは『連携』が看護師の主な役割になってくるのよ。」

回復期、リハビリテーション病院とは?

急性期を脱し在宅復帰を目指すリハビリテーションを中心に行う病院のこと。
脳血管障害や骨折の手術などのため急性期で治療を受けて、病状が安定し始めた発症から1~2ヶ月後の状態を回復期といいます。 この回復期といわれる時期に集中的なリハビリテーションを行なうことで低下した能力を再び獲得するための病院です。

回復期、リハビリテーション病院における看護師の仕事

リハビリテーションで訓練した動作を日常生活で活かせるように24時間を通して生活に密着したリハビリ訓練を行うことが大切になります。訓練の内容をリハビリ療法士と共有することによって食事、排泄、入浴、移動、更衣などすべての生活援助を実生活に結び付けるように援助していきます。
回復期、リハビリテーション病院においての看護師の役割として、多職種との連携が重要となってきます。患者様の病状については医師と、リハビリの進み具合や病棟で行う訓練についてはリハビリ療法士と、社会復帰へ向けてケースワーカーとの連携など、様々な職種との連携を図り患者様の退院へ向けて進めていく必要があります。

また、以前に比べて不自由になってしまった身体や障がいの需要に対して精神的にサポートしていくことも重要となっていきます。一人一人の患者様とのコミュニケーションにおいて、その気持ちに寄り添い個別性のある看護を提供することが大切です。

回復期、リハビリテーション病院で看護師として働くメリット

  1. 患者様の社会復帰に貢献できる
  2. リハビリについて詳しく学ぶことができる
  3. 多職種との連携の取り方の勉強ができる

回復期、リハビリテーション病院においてのもっとものメリットは、多職種との連携が図れるということです。患者様の社会復帰に向けてチーム医療で進めていくため多職種との連携は必須であり重要です。退院まで円滑に進むように看護師としての役割をしっかり学ぶことができます。

回復期、リハビリテーション病院で看護師として働くデメリット

  1. 急性期のような看護技術が身につかない
  2. チーム医療の連携の役割として多職種とうまく連携を取らなくてはいけない

回復期、リハビリテーションにおいては多職種との連携が必要であり、患者様・医師だけでなくリハビリ科や在宅復帰へ向けてケースワーカーとの連携などいろいろな職種とうまく相談しなくてはいけないため、ある程度のコミュニケーション能力と判断能力が必要となります。

回復期、リハビリテーション病院を選ぶ際のポイント

回復期、リハビリテーション病院では、ゆっくりリハビリを進めるところと早くリハビリを終えて社会復帰を促すところと二種類あります。それによって看護師にかかってくる負担や責任も変わってくるため、転職しようとしている病院がどちらのタイプなのか調べてみましょう。転職サイトの担当者に聞いてみる・実際に足を運んで雰囲気を感じてみるなどして情報を得ておくことで、自分に合うタイプの病院なのかを確認してみましょう。

(あかり)「回復期、リハビリテーション病院の看護師は患者様の社会復帰に直接かかわれる仕事なんですね!それにしても、多職種との連携って大変そうだけど、いろいろ学ぶことも多そうですね。」

(先輩)「そうよ、患者様の生死にかかわることはそうないかもしれないけれど、社会復帰に向けていろいろな職種と連携を図っていくんだから、やりがいはあるわよね。」

人気の転職先ベスト3

なーすではたらこ

遠方などの理由で見学に行けなくても詳しい内情がわかる転職サイトです。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

看護Roo!

転職のための履歴書の書き方や面接時の対応なども詳しく教えてもらえます。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

転職活動の流れ

転職活動の流れ