ナースステーション.com

老人ホームで働く看護師の働き方

(あかり)「先輩、老人ホームっていっても、たくさんありますよね?これは全部働き方って違うんでしょうか?」

(先輩)「そうね、一口に老人ホームってまとめてるだけで、中身はたくさんあるわよ。老人ホームで働きたいって思っても、自分にはどの施設が合うのかを考えて転職を進めた方が良いわ。」

老人ホームとは

一般的に高齢者が入居する施設を言います。そして、有料老人ホームと老人福祉施設に分けられます。

有料老人ホーム

有料老人ホームとは、高齢者を入所させて日常生活の援助や健康管理を行うことを目的とした老人福祉施設に当たらないものを言います。さらに有料老人ホームは、次の三つの型に分けることができます。

介護付き有料老人ホーム

各都道府県から介護保険の「特定施設入居者生活介護」の認定を受けた有料老人ホームのことをいいます。
「特定施設入居者生活介護」とは、介護保険法において、「特定施設に入居している要介護者について、当該特定施設が提供するサービスの内容、これを担当する者その他厚生労働省令で定める事項を定めた計画に基づき行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話であって厚生労働省令で定めるもの、機能訓練及び療養上の世話」とされています。

24時間体制で介護スタッフが常駐し、ケアマネージャーの介護サービス計画に沿って、食事・入浴・排泄などの身体介護や、掃除・洗濯などの生活援助をはじめ、健康相談やリハビリ・レクリエーションなどの介護サービスを行います。

住宅型有料老人ホーム

「訪問介護等の外部サービスを利用するもの」とされています。
「介護付」とは違い、「特定施設入居者生活介護」を受けておらず、施設のスタッフが介護サービスの提供をすることは原則ありません。
基本的には、介護が必要になった場合に、訪問介護・訪問看護や通所介護など居宅サービスの対象となり、外部の介護事業者と別途契約をして介護その他のサービスを受けることができます。

健康型有料老人ホーム

「介護が必要となった場合退去する契約のもの」とされています。
介護不要の自立生活者だけを入居対象としたホームです。従って介護が必要となった場合には退去となります。

老人福祉施設

老人福祉施設は、老人福祉法により7つの施設が定められている。

デイサービスセンター

対象となる高齢者へ、入浴・食事の提供・機能訓練・家族への介護方法の指導・様々なレクレーション活動を提供する場のことを言います。
対象となる高齢者とは、①行政の措置によって通わせる者。(65歳以上の者であって、身体上又は精神上の障害があるために日常生活を営むのに支障がある者が、やむをえない事由により介護保険法に規定する通所介護を利用することが著しく困難であると認められるとき)、②介護保険法その他の政令で利用を認められた者とされています。

短期入所施設(ショートステイ)

養護者の疾病やレスパイトケアなどを目的に、対象となる高齢者を短期間入所させ、養護することを目的とする施設ことを言います。対象となる高齢者についてはデイサービスと同じです。

養護老人ホーム

主に経済的な理由で居宅において養護を受けることが困難な65歳以上の自立者を入所させ、養護することを目的とする施設のことを言います。介護保険法ではなく行政による措置施設であるため、入居の申し込みは施設ではなく市町村に行います。

特別養護老人ホーム

65歳以上で、常時の介護を必要としかつ居宅においてこれを受けることが困難であり、やむを得ない事由により介護保険法に規定する介護老人福祉施設に入所することが著しく困難である者、または、介護福祉施設サービスに係る施設介護サービス費の支給に係る者などを入所させ、養護することを目的とする施設です。

軽費老人ホーム

無料又は低額な料金で、老人を入所させ食事の提供その他日常生活上必要な世話することを目的とする施設(老人デイサービスセンター、老人短期入所施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホームを除く)のことです。

老人福祉センター

無料又は低額な料金で、老人に関する各種の相談に応じたり、老人に対して、健康の増進・教養の向上及びレクリエーションなどを総合的に供与することを目的とする施設のことをいいます。

老人介護支援センター

老人福祉に関する専門的な情報提供、相談・指導や居宅介護を受ける老人とその養護者などと老人福祉事業者と間の連絡調整、その他援助を総合的に行うことを目的とする施設のことを言います。

老人ホームにおける看護師の仕事

共通して病院と大きく違うのが、介護施設は治療の場ではないということです。主な役割は利用者の健康管理。高齢者の方の日々の健康状態を把握し、何かいつもと違うと感じた時に医療機関と協力して適切な処置を行います。
具体的な仕事内容を書き出してみましょう。

  1. バイタル測定
  2. 服薬管理
  3. インシュリン注射
  4. 簡単な医療処置(吸引・口腔ケア、胃ろう管理、じょく創ケアなど
  5. 緊急時の対応(医師・家族・施設管理者への連絡、救急車同行
  6. 医師の指示に基づく処置(応急手当)
  7. 介護スタッフの支援・相談対応
  8. 施設の衛生管理

老人ホームで看護師として働くメリット

  1. ゆっくり自分のペースで仕事ができる
  2. 介護は主に介護士の仕事なので、看護ケアに専念できる
  3. 高齢者と触れ合うことが好きな人には最適の職場
  4. レクレーションなどの行事がある
  5. 日勤常勤で働ける施設が多く、突発的な残業が生じにくい

老人ホームでは、病院とは違い介護士が介護を行うため、看護師が行うことは服薬やバイタル測定などの医療行為のみです。ゆっくり自分のペースで仕事ができるためあわただしい職場が嫌だという人にとっては良い職場となるでしょう。また、レクレーションなどの行事が多いため高齢者と楽しく過ごしたいといった人にとっては最適です。

老人ホームで看護師として働くデメリット

  1. 医療技術があまり身につかない
  2. 夜間急変の場合は呼び出しがあることもある

老人ホームでの仕事は簡単なものが多いため、高度な医療技術を身につけたいと思っている人にとっては辞めた方が良いでしょう。また、夜勤がない職場の場合は急変時に呼び出されることもあるので、転職前に確認が必要です。

老人ホームを選ぶ際のポイント

老人ホームに転職すると言ってもどのタイプへ転職するかで仕事内容は変わってきます。自分は老人ホームでどのような看護ケアを行っていきたいのかよく考えてみましょう。そして、転職サイトの担当者に『こんな老人ホームで働いてみたいんだけど・・・』とまずは相談することが大切です。担当者は内情を良く知っています。あなたのしたい看護ができる施設が見つかるでしょう。

(あかり)「老人ホームっていってもこんなに分かれているんですね!これは、自分のやりたいことはどこでできるのか確認してから転職した方がよさそうですね。」

(先輩)「そうね、自分はどんな看護がしたいのかっていうのは老人ホームに限らずすべての職場に言えることだけどね。」

人気の転職先ベスト3

なーすではたらこ

遠方などの理由で見学に行けなくても詳しい内情がわかる転職サイトです。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

看護Roo!

転職のための履歴書の書き方や面接時の対応なども詳しく教えてもらえます。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

転職活動の流れ

転職活動の流れ