ナースステーション.com

献血センターで働く看護師の働き方

(あかり)「先輩、やっぱり献血センターで働く看護師さんは採血のウデが必要ですか?!」

(先輩)「そりゃ毎日採血をするんだから、採血スキルは大切になるわよ。」

献血センターとは?

献血を行うことができる施設で、献血ルームとも呼ばれます。日本全国の、商店街など比較的人々が集まりやすい中心市街地に多く設置されています。

献血センターで働く看護師の仕事

採血業務

輸血用血液製剤のもととなる血液を献血者から採血します。

血液提供者のケア

献血初心者は緊張している場合が多いです。気分不良の危険をかいひするため、会話を通じリラックスさせることが大事です。また、採血中のドナーの状態観察も行う必要があります。

保健指導

血液検査の結果を元に保健指導の観点で、保健指導を行うことも重要です。

献血センターで看護師として働くメリット

    1. 残業や夜勤がない
    2. けがや病気の方の相手をするわけではないので、精神的な負担が少ない
    3. 勤務先が赤十字社が管理している場合、福利厚生が良い

献血センターでは健常者相手のお仕事なので、精神的な負担が少ないことが一番の特徴でしょう。また、年間休日は122日間程あり、健康保険や雇用保険、労災保険や厚生年金、同基金や制服貸与など福利厚生の点もしっかりしている血液センターは多くあります。年間休日は122日間程あり、健康保険や雇用保険、労災保険や厚生年金、同基金や制服貸与など福利厚生の点もしっかりしている献血センターは多くあります。残業や夜勤がないため子育てをしている人にとっても働きやすい職場でしょう。

献血センターで看護師として働くデメリット

    1. お給料が低め
    2. 健常者相手のお仕事なのでマナーやコミュニケーション能力が求められる
    3. 医療的なスキルアップは望めない

献血センターでは健常者相手のお仕事であり、マナーとコミュニケーション能力が必要となります。また、主な仕事は採血であるため採血以外の医療的なスキルアップはあまり望めません。

献血センターで働くのに向いている人

献血センターでは、あまり医療的なスキルアップは望めないため、現状の自分ののスキルに満足していて今後スキルアップを望んでいない人で、それほどお給料が高くなくても大丈夫という人が向いています。
また、残業や夜勤がない・就業開始時間が遅いところが多いため、子育て中の人にも働きやすい職場といえます。

(あかり)「やっぱり、採血ばかりするには採血のウデが必要ですね!でも、苦手でも毎日やっていればすごく上達しそうですね!」

(先輩)「そりゃ、あかりみたいに採血がめちゃくちゃ下手でも、毎日やっていれば確実に上達するわ。それに相手は健常者だから血管のしっかりした人も多いわよ。」

(あかり)「下手・・・・。」

人気の転職先ベスト3

なーすではたらこ

遠方などの理由で見学に行けなくても詳しい内情がわかる転職サイトです。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

看護Roo!

転職のための履歴書の書き方や面接時の対応なども詳しく教えてもらえます。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

看護のお仕事

非公開求人を多く持っており、質の良い求人が多数あります。

  • 全国対応
  • 首都圏内
  • 祝い金
  • 高月給
  • 高満足度
  • 非公開案件

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

あなたにピッタリの転職サイトはココ 適正診断する

転職活動の流れ

転職活動の流れ